@アイメイクの仕方について

アイメイクで何か悩んでいることはありませんか?人それぞれの違う悩みがあるものです。当サイトでは、アイメイクの基本的な方法、簡単アイメイク術、ナチュラルアイメイク方法、一重のアイメイク法、二重のアイメイク法、アイラインの使用方法、結婚式のアイメイク、大人のアイメイク等、身につけておきたいアイメイクのテクニックを紹介しています。自分に合ったアイメイク方法を見つけて目元美人になりましょう!

今売れてるアイメイク化粧品人気ランキング
@アイメイクの仕方 新着情報

顔の中で目元の部分くらい個性の出る部分はありませんよね。そして、メイクによってさらに際立たせることができる部分が目元なのます。アイメイクの基本をマスターしてみるとメイクもより一層楽しくなるかもしれませんね。そして、自分の魅力をアップさせてあげましょう。アイメイクは、まずは基本をマスターして応用として、雑誌やインターネットなどで紹介される流行メイクや、憧れの芸能人、そしてモデルのアイメイクにチャレンジするのがよいでしょう。

まずは、単色のアイシャドウを使用したアイメイクの基本です。これは方法はとても簡単です。目のきわから塗り始めて、アイホールまでぼかしていくだけという方法です。指でもチップでも、綿棒をつかってもよいです。試してみて、自分が使いやすい方法を選びましょう。下まぶたにもアイシャドウをぼかしてあげれば目元の明るさがアップします。それから複数のアイシャドウを使う場合の基本もご紹介します。たとえば目の周りにはハイライトを入れる。明色を目の際から上にぼかすように入れて、暗色を目尻側の際から入れるなどです。

それから、影色を光色にグラデーションするように二つの色をぼかしたり、下まぶたの目頭から目尻に、明色のシャドーを細く入れる。目元を引締めるためにアイラインを引くなどがあります。まぶたのタイプ別ポイントとしては奥二重の場合は、明色をアイホール全体にいれて、暗色は目の際にしっかりといれます。一重まぶたの場合は、光色はアイホールより目尻がわにはみだしぎみにぼかしてあげます。二重は、明色を目の周り全体にぼかしてあげて、中間色をアイホールの丸みにそって全体にぼかします。目の際から二重の幅を目安にして、暗色を重ねれば、深みのある目元を演出することができます。明色をしたまぶたと眉下の眉山右ラインにそって入れていければ、目元の立体感が出てきます。

アイメイクの基本についてご紹介します。アイメイクをするときにはアイシャドウを塗ります。アイシャドウをつけるときの基本は「濃い色」と「淡い色」をどのように使い分けるかが重要となります。この使い分けによって立体的な目元になりますし、お顔の印象をぐっと変えることもできるのです。まずは「淡い色」からぬっていきましょう。

ここでおすすめしたい色は肌によくなじむオレンジがかったベージュです。アイシャドウをぬるときは付属のチップなどを使ってもよいでしょう。しかし、ブラシを使うことによってさらに繊細な仕上がりになります。ブラシにアイシャドウをとって目尻からアイホール全体へと色を広げていきます。次は「濃い色」です。このとき赤みの少ないブラウンを使ってみましょう。

濃い色をチップなどにとって目尻から目頭のほうに向かい、だんだんと細くなるようにぬっていきましょう。最後に「淡い色」と「濃い色」の境目をなじませます。目を開けたときにぼかした部分が2~3mm見えるぐらいのバランスにしてあえると奥行きがでますので引き締まって見えます。また「淡い色」と「濃い色」の二色に「中間色」を加えてグラデーションを作ってみてもよいでしょう。

「中間色」を加えることによってしっとりとした大人な目元を作ることができます。三色の使い方ですが、「濃い色」を少し高めの位置までもっていきます。目の際から目尻に向かって伸ばしていきます。そして、「中間色」を濃い色との境界線に重なるようにアイホールまでぼかしていきましょう下まぶたの目尻より1/3のところにも中間色を入れます。最後に「淡い色」を眉下と下まぶたの際に入れれば完成です。

アイメイクの手順についてご紹介します。今やアイメイクは、メイクの中心になってきていますよね。そのためアイブロウやアイシャドウ、そしてアイライナー、マスカラなどのアイテムはアイメイクに欠かせないアイテムになってきています。自然なかたちのメイクを行っている人でも、アイメイクだけはきちんとしていているという女性は少なくありません。

しかし、アイメイクの手順がよくわからない、というように悩んでいるかたも少なくないはずです。つまりアイメイクに必要なアイテムをどのような順番で付けていけば良いのかを調べて、簡単に美しいアイメイクを完成させる方法があればよいでしょう。もしも、アイメイクをする前に目の下にくまがあったり、まぶたがくすんでいるような場合は、コンシーラーでカモフラージュをして目元を整えるようにします。

眉は顔の額縁といわれていますのでアイメイクでは重要な部分です。まず、眉尻から描き始めて、最後に眉頭を描き込んでいきます。眉がリアルに見えるように、少しずつ描いていくことがポイントです。眉を描き終えたら、アイブロウブラシでぼかしておくとよいでしょう。そしてアイメイクを彩るアイシャドウをつけていきます。この時に一気に色をつけないで少しずつ塗っていきまぶたにグラデーションをつけるように、指でぼかしていくのがポイントです。

次のアイメイクはアイライナーです。アイライナーはまつげの生え際に引くようにしてあげると、目元はくっきりしているのに、ナチュラルな仕上がりとなります。最後にはアイメイクの決め手であるマスカラをつけます。このときにインパクトのある目元にしたい場合には、ビューラーでまつげをカールさせてあげてマスカラは重ね塗りしましょう。しかし先に塗ったマスカラが乾いてからにしないとダマになってしまいます。